日本福祉文化学会

九州ブロック活動

   

 
  日本福祉文化学会 九州ブロックの活動
                       社会福祉法人 泰生会
                          理事長  雨宮 洋子

 「福祉文化」「地域文化」「文化福祉」「個々の文化」を求め一人一人が幸せな生活が送れるように、福祉を生活文化と捉え研究会を行っている。
 参加者は介護支援専門員、看護師、ケアワーカー、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、地域包括支援センターの職員等で地域ケア、高齢者ケアに関わる職種の人たちが中心である。「事例検討会」の進め方は午後4時間の時間を取り前半に事例提供者の発表とその事例のグループ討議を行いファシリテーターがまとめる。日常の生活(ケア)の中で困ったことや意見交換したいと思う事例を提供してもらい、その事例を中心に多職種がディスカッションを行う。後半は外部講師に依頼し前半の事例に関連した講義をお願いしている。この方式で30年が経過している。
事例提供は個人の特定が出来ないように倫理に基づき行うことが原則である。狭い地域の中では個人を特定することも可能であるため特に配慮が必要である。
 福祉とは「一人一人の生活の幸福を止める(とどめる)こと」と恩師の一番ケ瀬先生は言われていた。私がこの学会に魅かれたのは福祉を「文化的視点」で捉え考えて行こうとする人々の集まりであったからである。福祉を「心」の優しさ「温かさ」のみで行うのではなく、一人ひとりの一番良いケアの方法を見つけ出す事、例えば「楽しいこと」を考えてみてもその楽しさは各々違う視点で出てくる。楽しさの感じ方は様々である。それによって一人ひとりの方法や手法が変わってくる。
 介護保険制度が始まり18年が経過しているが高齢者、家族、介護者、地域の変化がみられている現状において介護保険から外れている「文化的活動」が職員の忙しさや人手のなさから消えつつある。福祉文化の活動は生活に潤いを与え、楽しいと感じ、生きる希望を持つことができるように必要とされる時が来たと感じている。福祉現場の忙しさの中で事例検討会を継続していく困難さもあるが職員の悩んでいることや解決の難しい事例の提供によりいろいろな人の意見を聞くことにより違う方向から解決できると考えているためこの会を存続させていきたいと願っている。




 
   日本福祉文化学会九州ブロック熊本大会報告

域との豊かな関わりを通して〜福祉と文化ある暮らしを考える

 2017年10月21日(土)に地域密着型特別養護老人ホーム天寿園NeOにて日本福祉文化学会九州ブロック熊本大会を開催致しました。

 今回の内容はまず熊本地震の体験を【「福祉避難所」の開設と活動】・【地震被災後の食事提供の工夫と実践】として2例実践報告を行いました。

 特別講演ではアール・ブリュットパートナーズ熊本代表 西島喜義氏より「アール・ブリュットってなに?」をテーマに講演。アール・ブリュットとは「自然のままの・加工されていない生の芸術」で伝統や流行、教育などに左右されず、自分自身の内側から湧きあがる衝動のまま表現した作品をいいます。具体的にたくさんのアール・ブリュットの作品を作者の人柄も交えながら、紹介していただきました。障がいのある人たちの自立と社会参加の取り組みの様子が分かりました。

 また記念講演では日本福祉文化学会九州ブロック担当理事 日比野正己氏より「アンパンマン学と福祉文化」をテーマに講演。起立・礼から始まり、アンパンマンの「なんのために 生まれて なにをして 生きるのか」「なにが君の しあわせ なにをして よろこぶ」を歌詞を通して福祉・文化・平和・人生と子ども向けと思っていたアンパンマンの歌から大きな学びを感じました。

 福祉文化の実践報告では【ボランティア活動と地域交流】・【天寿園NeOにおける文化のある暮らし〜地域交流活動〜】・【人生の看取り その人らしく〜天寿園のあゆみ〜】を発表しました。座長の日本福祉文化学会事務局長 前嶋元氏の進行により、ボランティアの広がりの工夫や活動の取り組みなどに関して会場の皆様からも多くの質問やアドバイスをいただき、意義深い報告会になりました。

 歓迎でご入居者の歌あり、ご家族のお手伝い、地域のボランティアによるだご汁(熊本の郷土料理)のおもてなしなど、スタッフだけではなく天寿園NeOに関わるたくさんの方々のご協力で無事終わることが出来ました。
今後も日本福祉文化学会の益々の発展と振興、たくさんの人と福祉と文化の大きなネットワークが繋がっていくことを祈念申し上げ、九州ブロック大会の報告とさせて頂きます。


平成29年11月11日

社会福祉法人寿量会
地域密着型特別養護老人ホーム天寿園NeO
施設長 村上 まゆみ

 
  日本福祉文化学会九州ブロック長崎大会
テーマ
「福祉文化の豊楽美な創造〜ほかにわ共和国10年の実践〜」

日時:2015年11月15日(日)
10:00〜12:00(見学)
                 13:00〜16:30(講演と実践報告)
場所:ほかにわ共和国「惟神紀年舘」(権田公園隣)
詳細はチラシを参照ください。
チラシ(PDF)
 
     
   
第3回 九州ブロック大会 宮崎大会開催報告
『テーマ 福祉文化と観光バリア・フリー(サミットin宮崎)』

・第3回 九州ブロック大会 宮崎大会開催概要(PDF)
・第7回 観光バリアフリー講座チラシ
『テーマ 福祉文化と観光バリア・フリー(サミットin宮崎)』
2009年 3月14日
 
     
     
     
     
     


もどる