日本福祉文化学会

『福祉文化研究』Vol.10(2001年)目次


巻頭言:福祉文化のコアへ向けて
 −医療文化と福祉文化−
河畠修

2


特集:若者が発信する福祉文化
若者が発信する福祉文化
片居木英人 

4

「生まれること」の福祉文化
高橋万由美 

12

ダンスワークの可能性
 いのち豊かに生きることに焦点をあてて
和歌月貴子

21

若者が発信する福祉文化について
 −福岡県田川市の事例を中心として−
金田桂子 

29

自分たちの問題をテーマとしたグループワーク学習の実践
 −福祉系専門学校内の喫煙問題をめぐって−
兼城明子

35

若者が発信する福祉文化
日比野正己

43


論文
スポーツ実践・頻度が及ぼす高齢者とその家族のQOL
 −高齢者自身と家族のQOLの関連−
金子勝司

56

児童相談所職員の薬物問題に対する認識調査の結果
 −主体者としての子どもの生活を確立するための考察−
山田美津子・阿部祥子・大島道子・菊地みほ・小沼肇・田中和則・月田みづえ

65

留岡幸助と北海道家庭学校礼拝堂
 −実測及び資料を通してみる−
阿部 祥子・千里 政文

75

福岡養老院の支援組織の形成と活動
 −昭和初期から戦時下の養老事業の支援組織を中心として−
井村圭壮

87

「福祉文化」研究の文化論的考察
 −方法・視点に関する一試論として−
小坂啓史

98


研究ノート
在宅介護担い手の行為と変遷  
 −男性の役割、女性の役割「恍惚の人」(有吉佐和子作)と「黄落」(佐江衆一作)を素材にして−
宮本節子

110

女子若年者の介護への関心と介護環境の知識 
依田光正 

120

入所施設利用者と職員の関係を変えるための一考察
 −知的障害を持つ人の入所施設をなくすために−
杉田穏子 

128

児童福祉施設における権利擁護実践の課題  
施設で暮らす子どもの権利擁護をふまえた養護理論構築に向けて
鈴木力 

137


現場実践論
高齢者のおしゃれと知的満足感
 −染織工芸品に取材するアクセサリーの制作とそれを用いた「装い」を通して−
山岸裕美子

145

痴呆性老人キャンプのきらめき
 −第2回「全国痴呆性老人キャンプinおおさか」報告−
東照己

153


もどる