日本福祉文化学会


福祉文化研究Vol.22(2013年発行)目次

特集 震災から学ぶ  「生活基盤の再構築」
巻頭言 福祉の巨匠をうしない、福祉文化への思いを強くしよう
                        −多様性と平等を考えながら
月田みづえ
生活基盤の再構築 −創造的福祉文化概念を拠り所に− 河東田博
「豊かな暮らし」の不安の深層 永山 誠
東日本大震災支援団体の福祉文化活動に関する調査 石田易司
福山正和
論文
「戦後日本における知的障がい児支援活動の組織化の一源流」試論   
−「手をつなぐ親の運動」の先覚者、加藤千加子を中心に」− 
中嶌 洋
園川 緑

研究ノート
限界集落の求められる福祉的支援                     
−徳島県三好市における行政関係者および住民に関する調査を例に
木内哲二
「福祉文化」としての音楽活動の評価研究                   
−障害を持つ対象者のヴォイス・トレーニング事例の分析を通して−
林 香里
 
その他
 
マイノリティとしての「当事者研究」の意義                    
 −吃音マイノリティとして生きて−
須田研一
現場実践論
 老人ホームにおける傾聴活動                         
堀 清和
  緊急追悼特集  一番ケ瀬康子氏 追悼セミナー・公開座談会     
   基調報告1 「一番ケ瀬康子と福祉文化論」                  馬場 清  
   基調報告2 「一番ケ瀬康子と創造的福祉文化」  河東田博  
   公開座談会
 司会     島田治子(日本福祉文化学会副会長)
 パネリスト  河畠 修(元日本福祉文化学会副会長)
         薗田碩哉(元日本福祉文化学会副会長)
         桜井里二(元日本福祉文化学会副会長)
         多田千尋(元日本福祉文化学会事務局長)
   
   もどる