日本福祉文化学会


福祉文化研究Vol.24(2015年発行)目次

特集  福祉文化研究の新地平
    (総論) 福祉を「文化の眼鏡」で見る 〜新たな立脚点と研究方法の開発〜 薗田碩哉  
「さくら苑」の実態と介護保険制度の功罪 馬場清・大江緑
  「空也上人がいた」を読む  磯部幸子   
   サリドマイド被害者の文化要求とサリドマイド福祉センター「いしずえ」の取り組み 佐藤嗣道   
   「里親・里子制度から『福祉民俗学』を考える 木村たき子   
  「『ソーシャルワーカーとしての自分史』とその文化論を再検討」 前嶋 元  
「『優性思想と性的のーマライゼイション』を福祉文化的に考察する 西村明子
 日本福祉文化学会第25回大分大会 
 鼎談「“我が”ままに今を生きる」〜新たな福祉実践の方向〜 
 鼎談者 雨宮洋子氏(大会実行委員長)
       藤川幸之助氏(児童文学作家)
       薗田碩哉氏(日本福祉文化学会顧問・よもやまゼミナール世話人)
  論文    
福祉民俗学とその課題〜岡村重夫を中心に〜 柴田周二

研究ノート
福祉文化形成の「拠点」としてのボランティア活動〜「患者情報室」の取り組みを通して〜 小坂享子
コンピテンスを基盤とした福祉施設のボランティアコーディネーターのための
研修テキスト開発の試み
守本友美
  「子どもの連れ去りに関するハーグ条約の課題」 平田美智子  
性の商品化と被差別史〜韓国の遊興文化の考察〜 李 京真
   もどる