日本福祉文化学会

22回 日本福祉文化学会全国大会仙台大会

先日会員の皆様にお送りしたものと、スケジュールが若干変更になっています。
また今後も現地の事情を鑑み、変更する可能性もありますので、その際にはご容赦ください。
       
 

大会テーマ

被災地の力、被災地への力。
―これからの福祉文化を構築する―

 第22回の日本福祉文化学会全国大会は当初大阪を開催地として準備を進めておりました。しかしながら、311日に発生した東日本大震災をうけ、学会として数年にわたる継続的な支援活動が必要と考えておりそのため、第22回の大会は震災から半年が過ぎた東北をこの目で見て、被災者と接する中で、被災地の現状をしり、今後長期にわたり、被災地・被災者を支援していくために、日本福祉文化学会として何が必要なのかを考えるきっかけにしたいと思います。

【期日】2011917日(土)〜918日(日)
         【場所】フォレスト仙台(仙台市青葉区)第56会議室
         【主催】日本福祉文化学会仙台大会実行委員会

大会プログラム
1日目 917日(土)】

11:00-12:00 総会
12:00-13:00
 昼食・新旧評議員顔合わせ
13:00-14:25 研究発表
14:30-14:45
 開会式 挨拶
14:45-15:45 基調講演「災害支援活動と福祉文化」
                 (岡本 栄一・ボランタリズム研究所所長)
16:00-18:30 シンポジウム「福祉文化人の災害支援活動」
       シンポジスト 池田 昌弘氏
               (全国コミュニティライフサポートセンター)

              渡邊 
                    新潟福祉文化を考える会・日本福祉文化学会理事)
              野田 
                     (日本キリスト教団学生友愛会)
       コーディネーター 石田 易司

                    (日本福祉文化学会支援対策委員長・桃山学院大学教授)
19:00-21:00 懇親会(閉会セレモニー、次回大会地への引継ぎ)

【第2日目 918日(日)】

被災地交流
9:00 集合 集合場所は各コースとも仙台駅を予定しております。

A. 仙台市若林区での住民との懇談会
   B. 被災障害者施設職員との交流(仙台市若林区 つどいの家)
   
C. 被災地視察(仙台〜陸前高田)

12:00 A.B.コース終了(予定)
15:00 C.コース終了(予定)
   ※参加者数と交通手段の都合により、若干変更の可能性があることをご了承ください

        仙台大会開催要項 (Word)
        参加申し込み票 (Excel)
         研究発表募集要項(口頭発表、ポスター発表) (Word)
          研究発表申込書 (Word)
          研究発表要旨原稿レイアウト設定について (Word)
 
 
2011年5月 
日本福祉文化学会会員 各位
第22回日本福祉文化学会
 大阪大会実行委員会
 実行委員長 石田 易司 
 
    陽春の候、皆様には、新年度を迎え、業務ご多忙の日々をお送りかと存じます。
 さて、既にお知らせしております、第22回日本福祉文化学会大阪大会につきまして、
9月17・18日の開催に向け、実行委員会として鋭意、準備を進めてまいりましたが、
3月11日に発災しました‘東日本大震災’に鑑み、被災地への復興応援を目的として、こういう時にこそ、現地での開催を検討すべきではないかという話し合いを実行委員会でいたしております。
 つきましては、開催月日については、変更いたしませんが、開催会場、プログラムについては、現在、検討を進めており、詳細は、7月2日予定の学会理事会後にお送りしたいと考えております。
 会員各位には、誠に申し訳ございませんが、現在の状況に鑑み、ご理解、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申しあげます。
 重ねて、日程の変更はいたしませんので、スケジュールの確保のほど、よろしくお願い申しあげます。 

もどる